保育士になるには学校でしっかり勉強することが大事

きちんと勉強しよう

男女

保育士は、保育所などで5歳未満の児童のお世話をする仕事です。親が仕事をしているため、面倒を見られないという子供たちの世話を代わりに行っています。近年では両親ともに共働きしているという家庭が増えてきています。そのため、保育所に入ることを希望する人たちも非常に増えているのです。しかしその一方で、保育士の数は激減しています。入所を希望する子供たちが多くなっているのに対し、保育士の人数が足りていないため、受け入れてくれる保育所がないということが深刻な社会問題となっているのです。子供の着替えや食事などといった様々なことをしなければならないので、非常に体力は必要になりますが、子供が好きな人ならば楽しみながらできる仕事です。

保育士の仕事に就くには、資格を取得しなければなりません。この資格を受けるには保育の大学か専門学校に通う必要があります。大学などで必要な知識や技術などを身に付けてから、初めて受験資格を得ることができるのです。一般的にはこの流れになるのですが、厚生労働大臣に認定された大学などに通えば、試験を受けなくても卒業すると同時に資格を取得することができます。大学などに通わないで受験をするとなると、実際の現場で実務経験が少なくとも2年以上はないといけないという条件があります。保育士の仕事に就くまでには、このような様々な難関を突破しなければならないのです。大学では子供たちと接する上での心構えや基礎知識などを学んでいきます。そのほか、実習の授業も行っていてその授業をもとに実際の現場でも役立ていくことができます。実習を通して学ぶことはたくさんありますので、多くの経験を積んでおいたほうがいいといえます。大学できちんと勉強してから保育の道に進みましょう。